ペットとして犬猫を一緒に飼う場合の注意点

違う種類の犬猫をペットして一緒に飼う場合の注意点について

犬猫は、ペットとして飼われている動物で最も多く飼育されている動物です。
日本でも複数の犬や猫を飼っている人もいると思います。

 

そして、犬猫を一緒に飼う家も少なくありません。

 

ここで問題なのは、犬猫という違う種類の動物を一緒に飼うことで何か問題があるのではないか?という点です。

 

犬猫は、それぞれ違う性格をしているため、一緒に飼うのは難しいのではないかという意見も多数あると思います。しかし、ネット上などで、犬猫が仲良く戯れている姿を見ると、「私も犬猫を一緒に飼いたい」と思った人は多いはずです。

 

まず、犬猫を一緒に生活させる上で大切なことは、いきなり一緒に生活をさせると要らぬ喧嘩が始ってしまい、どちらかがケガをしてしまう可能性が高いということです。

 

比較的小さい頃に犬猫を飼っていれば、別の動物に対しても耐性が着くので飼いやすいという話ですが、成猫、成犬で一緒に飼う場合には注意が必要です。

 

また、猫や犬が羅漢する病気というのは共通するものも多く、有名なのは狂犬病が犬と猫両方に感染することがあるので、予防接種は必ず受けるようにしてください。

 

他にも、健康面でいえば、犬猫の食べ物も別できちんと分けることです。
ドッグフードやキャットフードは犬猫それぞれに適した栄養を摂取できるように調節されているので、どちらかの食事を間違って食べていたりすると、栄養が偏ってしまい病気になることもあります。

 

犬猫を一緒に飼う場合には、それに対しての対策を知っておく必要があります。